アーティスト

草野華余子の出身大学・高校は?幼少期からの天才エピソードがヤバい!

どーも、p`o`chittoです( ̄▽ ̄)♪

大ヒットアニメ『鬼滅の刃』の主題歌、『紅蓮華』を作曲した
シンガーソングライターの草野華余子さんの
学歴を本日は調査してきましたよ♪

  • 草野華余子の出身大学・高校は?
  • 草野華余子の幼少期からの天才エピソードがヤバい!

について、お伝えしていきたいと思います!

草野華余子の出身大学・高校は?

それでは草野華余子さんの学歴を見ていきたいと思います!

草野華余子の出身高校は?

草野華余子さんの出身高校を調べてみましたが
公開されていないようです。

中学・高校時代は根暗でいじめられていたと語る草野華余子さん。
そのせいなのか人の顔色を見て接してしまうのだそうです。

草野華余子の出身大学は関西大学

草野華余子さんの出身大学は関西大学で、
2006年に社会学部を卒業
しています。

草野華余子は関西大学の軽音部Ⅰ部に所属

草野華余子さんは関西大学在学中は、軽音部Ⅰ部に所属していました。
というのも草野華余子さんが関西大学に進学を決めたのは
草野華余子さんが敬愛する矢井田瞳さんやbirdさんが
関西大学出身だったからだそうです。

関西大学の軽音部Ⅰ部は所属している部員
それぞれが好きな音楽のジャンルもバラバラで
それが草野華余子さんにとっていい刺激になったと語っています。

草野華余子の幼少期からの天才エピソードがヤバい!

草野華余子さんのご両親の職業は明らかにされていませんが
どうやらクラシックに精通した
育ちのいい家庭で育ったようです。

草野華余子さんの作曲活動の始まりはさかのぼること5歳
妹に頼まれて作曲したことがきっかけだと言います。

「妹に頼まれて、12体のぬいぐるみに1曲ずつ曲をつくったのが始まりですね。カセットデッキを2台使って、1台にメロディーを、もう1台に伴奏を録音して。幼いながらも結構本格的にやっていました。それからは習慣的に曲をつくるようになりましたね。小さい頃は内気で、学校では『アニメオタク』と仲間外れにされて寂しい思いをしていたので、家に帰ってから誰に聴かせるでもない曲をつくっていました」

引用元:関西大学ホームページ

このぬいぐるみ遊びというのは、実は草野華余子さんたちは
Mステごっこをしていたようです。

Mステのあの象徴と言われる階段を下りて
ぬいぐるみたちが歌手として歌い
草野華余子さんはそのぬいぐるみたちが歌う楽曲を提供するという
かわいい遊びをしていたのだそうですよ。

誰よりも草野華余子さんの妹さんが
草野華余子さんの才能を真っ先に
『おねえちゃん天才やぁ』と認めていた第一人者でした。

幼少期の5~8歳の時には
すでに100曲は作曲していたという草野華余子さん。

全集中しすぎてご飯も食べずにピアノばっかり弾いていて
ご両親に心配される時期もありました。

そのMステごっこ以来、ずっと作曲をし続けてきた草野華余子さん。
大学2年次にそれまで書き溜めていた曲を
同じ軽音部の先輩に聴いてもらう機会がたまたまあり、
その先輩から
『君には才能があると思う。絶対にオーディションを受けるべきだ』
と背中を押してもらった
のだそうです。

ただ、ソニーミュージックや東芝EMIのオーディションに応募するも
一次審査は受かっても、最終審査では落ち続けていました。

しかし、草野華余子さんはあの一言がきっかけで、
何度オーディションに落ちても諦めることなく音楽活動を続け
それ以降の在学期間になんと100曲以上も作り上げるほど
ライブなどの音楽活動に没頭したのだそうです。

草野華余子の無名時代の苦労

関西大学を卒業後、生計のために
音楽活動とバイトの2足のわらじをはいていた草野華余子さん。
歌手として致命傷であるポリープが27歳の時にできてしまいます

もう引き際かと音楽の道を諦めようとした時に
周りの音楽関係者の方から作曲の才能を惜しまれ
作曲家としての活動を提案されます。

そんなときに、
草野華余子さんがかねてからファンだったLiSAさんの楽曲募集の話。
これがダメだったら最後にしようと望みをかけて応募し、見事採用!
それが『DOCTOR』なのだそうです。

それから徐々に作曲家としての活動が増え、今に至ります。
今では喉のポリープも取れたようで
シンガーソングライターとしての活動も行なっています!

まとめ

草野華余子の出身大学・高校は?幼少期からの天才エピソードがヤバい!
についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

一番近くにいた妹さんに才能を認められその才能を自分で伸ばし、
関西大学時代に大きく飛躍させた草野華余子さん。

これからもアニソン界で素晴らしい楽曲の提供を期待したいです!