資格

藤井聡太二冠が卒業目前で高校を中退!自主退学を選んだ理由は?

どーも、p`o`chittoです( ̄▽ ̄)♪

藤井聡太二冠が2021年1月末に
在籍していた名古屋大教育学部付属高校を自主退学していました!

卒業式は通常3月1日。
残り40日ほどしかないにもかかわらず
藤井聡太二冠が卒業式を待つことなく
自主退学した理由はなんだったのでしょうか?

そこで本日は!

  • 藤井聡太二冠はなぜ卒業式を待たず自主退学を選んだのか?
  • 藤井聡太二冠に東大に進学してほしかった母

について、お伝えしていきたいと思います!

藤井聡太二冠はなぜ卒業式を待たず自主退学を選んだのか?

それでは藤井聡太二冠が卒業式を待たず
なぜ自主退学という選択肢を選んだのかを見ていきたいと思います。

藤井聡太二冠が高校卒業よりも自主退学を選んだ理由は?

藤井聡太二冠が高校卒業よりも自主退学を選んだ理由は
報道で報じられている通り『将棋に専念するため』ですが、
その根っこは高校受験を迎える中学3年生にさかのぼります。

藤井聡太二冠はもともと高校進学に否定的だった

もともと藤井聡太二冠は、当初ご自身の考えでは
高校に進学する気はなかった
ようです。

史上最年少の14歳2か月で、中学生でプロ棋士となった
当時の藤井聡太二冠。
これから先の人生、生涯をかけて将棋と向き合うために
プロになったご本人は進学は不要だと考えていた
ようです。

ところが藤井聡太さんの周囲は
さすがに高校は出ておいたほうがいいと強く勧めます。
その強い勧めにより藤井聡太さんはしぶしぶ
名古屋大教育学部付属高校へ進学します。

藤井聡太二冠の高校での待遇が特別!

一部ネットでは『対局が多くて出席日数が足りなかったのでは?』
と心配する声もあがっていたようですが、
どうやら藤井聡太二冠がタイトル戦に向かうとき、
学校は出席扱いとなっているようです。

もちろん優秀な成績をタイトル戦であげることができた暁には
学校側としても大きく宣伝することもできますので
その待遇はうなずけます。

また、タイトル戦に限らず
藤井聡太二冠はテストなどを満足にうけることができなくても
学校側の配慮により授業の補修や課題などを通じて
卒業することもできるようになっていた
とのことです。

これらの待遇により藤井聡太二冠の高校卒業は
保障されていたと考えられます。

羽生善治永世七冠も藤井聡太二冠の高校進学を喜んでいた

実はあの羽生善治永世七冠も
藤井聡太二冠の高校進学を喜んでいたようです。

理由は、プロ棋士の世界は限られた人としか
交流をもつことができないから。

羽生善治永世七冠は、未来ある藤井聡太二冠を心配し
色々な方と交流をもって人間性豊かになってほしい

願っていたのかもしれませんね。

藤井聡太二冠・コロナ自粛で将棋研究に打ち込み大きく飛躍

藤井聡太二冠はコロナ自粛期間中に重なった今年、
高校3年生になって一度も通学したことがないと語っていたようです。

特に2020年4月から約2か月間、
新型コロナウイルスの影響により対局自体も中止。
学校も休校だったこともあり藤井聡太二冠は、
大好きな将棋に没頭し、自身の将棋のスタイルにひたすら向き合います。

そのかいもあってか、
中盤で難所にぶち当たったときに生じていた迷いを克服することができ、
これまで持ち時間をギリギリまで使うことが多かった藤井聡太二冠は
今では対戦相手が持ち時間ギリギリになるまで
追い詰めるほど成長することができたようです。

あの2か月間があったから将棋の力を伸ばすことができた。
そう思えた藤井聡太二冠にとって、時間は何よりも大事。
少しの時間でももったいないと感じ、
卒業するよりも自主退学を選んだようです。

藤井聡太二冠・時間をより確保するために東京へ移住?

藤井聡太二冠は、同志である長瀬八段とともに将棋の研究をするため
月に2回ほど東京へ出向いたり
または長瀬八段に愛知に来てもらったりと
双方で行き来する仲のようですが、
その移動時間を惜しんでいるようです。

東京⇔愛知県瀬戸市へは片道3時間、往復だと6時間もかかり
それが月に2回だと12時間。
長瀬八段に通ってもらっている時間も考えると少なくとも
ひと月に24時間は移動に時間がかかっている見込み。

これが1年だと単純計算で24日間。ほぼ一か月です。
この時間はぜひ削って将棋に没頭したいと思うでしょう。
このため、藤井聡太二冠は、実家を出て東京で暮らしたいと
考えているようです。

藤井聡太二冠に東大に進学してほしかった母

藤井聡太二冠は将棋に一生を捧げる思いでいたため
もともと学歴は不要と感じていましたが、
どうやらお母さんは藤井聡太二冠に
『東大』に進学してほしかったようです。

かねてから神童だといわれていた藤井聡太さん。
藤井聡太さんほどの学力なら東大も合格できたに違いありません。

まとめ

藤井聡太二冠が卒業目前で高校を中退!自主退学を選んだ理由は?
について、お伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

あとひと月なのに。。。と思うのか
あとひと月もあるなら。。。と思うのか。
考えさせられるお話でしたね。

ご自身の未来を考え、そのひと月の時間も惜しいと思って
決断したであろう藤井聡太二冠の願い。
それが実ってますますの活躍の場を見られるように
祈っています!