イベント

口永良部島噴火警報発令!入山規制解除はいつ?避難の可能性は?

どーも、p`o`chittoです!

気象庁より鹿児島県の口永良部島の噴火警報が
2021年2月28日の2月28日 午後1時40分に発表されました。
住民の方が心配です。
そこで本日は!

  • 口永良部島噴火警報発令!
  • 口永良部島の入山規制解除はいつになる?
  • 口永良部島民の避難の可能性は?

について、お伝えしていきたいと思います!

口永良部島噴火警報発令!

鹿児島県の口永良部島では、
2021年2月21日から火山性地震が多く
ここ10日間の間で150回もの火山性地震が発生
しています。

気象庁は、それまで噴火警戒レベル2としていたものを
レベル3の「入山規制」に引き上げ
火口から約2キロ範囲の噴石や火砕流に警戒するよう
呼びかけています。

今回の警報は、居住地域ではなく火口周辺への
警報のようです。

口永良部島では、過去に
平成27年5月に火口から噴煙が9000メートル以上も上がる
爆発的噴火が発生して後、
島全域の住民に避難指示が出されていました。

気象庁の噴火警戒レベルはどのように分けられている?

気象庁の噴火警戒レべルは、次のように分けられています。

画像出典:気象庁ホームページ

今回はレベル3の入山規制ということで、
口永良部島島民の避難準備の一歩手前です。

口永良部島の入山規制解除はいつになる?

今回の噴火警報発表および警戒レベル引き上げから
入山規制解除はいつになるのでしょうか?

警戒レベルの基準が前回と同様の基準であれば
今後最後に計測される噴火から約3か月ほど
口永良部島の噴火警戒レベルは引き下げられる
のでは
ないかと考えられます。

口永良部島の直近の爆発的噴火である
平成27年5月の爆発的噴火からしばらく噴火は続いてきましたが
2020年8月を最後に噴火は観測されませんでした。

その結果、最後の噴火から3か月後の
2020年11月にはそれまでの噴火警戒レベルが3から2に
引き下げられています。

口永良部島民の避難の可能性は?

もし、今回の噴火活動において
噴火警戒レベルがさらに引き上げられ、
避難指示となってしまう可能性は
どれぐらいあるのでしょうか?

過去の噴火警報実績を見ると
気象庁は大体約5年に一度、口永良部島の噴火警報を発表
または警報でなくても予報を発表しています。

概略は
平成21年9月27日 噴火警戒レベルが1→2へ引き上げ
平成21年10月30日 噴火警戒レベルが2→1へ引き下げ
平成23年12月15日 噴火警戒レベル1→2へ引き上げ
平成24年1月20日 噴火警戒レベル2→1へ引き下げ
平成26年8月3日  噴火警戒レベルが1→3へ引き上げ
平成27年5月29日 噴火警戒レベル3→5へ引き上げ
平成28年6月14日 噴火警戒レベル5→3へ引き下げ
※参照元:気象庁ホームページ

それ以降~現在までの経過はありませんでしたが
ここ1年の間では火山活動は落ち着いていたのか
噴火警戒レベルが2まで引き下げられていたということですね。

口永良部島のこれまでの爆発的噴火は
昭和6年(1931年)、次に昭和51年(1976年)
そして平成27年(2015年)ということで
単純計算で
すが40年スパンぐらいのようです。

この方程式で当てはまるのであれば
また火山活動は落ち着き
避難指示が発表されることはないかと思われますが
引き続き警戒は必要かと思います。

まとめ

Embed from Getty Images

口永良部島噴火警報発令!入山規制解除はいつ?避難の可能性は?
についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

これまで幾度となく火山活動を繰り返している口永良部島。
観光スポットとしても名高い魅力的な島ですが
自然災害と隣り合わせでもあります。

また魅力ある口永良部島を訪れることができるように
噴火が落ち着いてほしいと願っています!