イベント

横浜市戸塚区名瀬町から消えたニシキヘビ|捜索費用は誰が払うの?

どーも、p`o`chittoです( ̄▽ ̄)♪

横浜市戸塚区名瀬町から消えたニシキヘビ、
明後日5月14日までの捜索を警察は確約しているものの
そこから先の捜索は打ち切りの方向です💦

もし見つかった場合、見つかっていない場合でも
危険動物のペットの捜索費用は誰が負担するのでしょうか?
そこで本日は!

  • 横浜市戸塚区名瀬町から消えたニシキヘビ
  • ニシキヘビの捜索費用は誰が払うの?
  • ニシキヘビ脱走が飼い主過失の場合は罰金いくら?

について、お伝えしていきたいと思います!

横浜市戸塚区名瀬町から消えたニシキヘビ

未だ見つからないアミメニシキヘビちゃん。
一体どこへ行ったというのでしょうか?
現地では児童も集団下校など余儀なくされています。

未だ見つからないアミメニシキヘビにSNSの反応は?

アミメニシキヘビが危険なだけに、皆さん本当に心配されていますね。
私も心配です💦

ニシキヘビの捜索費用は誰が払うの?

と気にされている方もいたので、調べてみました。

動物の脱走は遺失物届-警察の業務の一環として税金負担!

動物の脱走は警察の手続き上『準遺失物』となり、
命あるものですが物として取り扱われます。

ペットが脱走した場合には届出する方法が2つあり
1つは通常の落とし物と同様『遺失物届』で届け出がなされ、
その脱走したペットが見つかったときも『拾得物届』により
警察が保護します。

もう1つは『逸走届』といい、電話でも受付してくれ、
遺失物届は1か所の警察署にしか届けられないのと異なり
逸走届は複数の警察署に提出することが可能です。

以上のことから、ペットの捜索は警察の業務の一環のため、
捜索にかかった費用(人件費)は通常税金から支払われます

ニシキヘビ脱走が飼い主過失の場合は罰金いくら?

人に危害を及ぼす恐れのある動物=特定動物は
令和2年6月1日より愛玩目的(ペット)として飼育することが
禁止になりました。

これにより、現在特定動物を飼育できるのは
この法律改正前に特定動物の飼養又は保管の許可を申請した方だけです。

保管の許可申請は一定の基準を満たす必要があり
『逸走を防止できる構造及び強度を確保すること』が義務となっています。

今回の横浜市戸塚区のアミメニシキヘビちゃんは
許可を得たガラス製ケージではなく
木製ケージで飼育されていたことがわかっていたことから
飼育施設変更許可申請の届け出がされていないと思われます。

アミメニシキヘビの飼い主は動物愛護法違反となる恐れがあり
罰せられた場合は6か月以下の懲役または100万円以下の罰金が
科せられ、人に危害を加えた場合はさらに損害賠償責任を
負う
ことになります。

横浜市戸塚区名瀬町のアミメニシキヘビ関連の記事はコチラ!↓↓↓
ニシキヘビが好む場所や時間は?横浜市戸塚区内の施設名を詳しく!未だ捕まらない横浜市戸塚区名瀬町のアミメニシキヘビ。もしまだ町内にいるならどこにいそう?具体的な施設名は?...
アミメニシキヘビを買うときに必要な金額・売る時の金額は?アミメニシキヘビ|もし捕獲できても多分ペットショップ行きですが買取金額や購入金額はいくらするの?...

まとめ

横浜市戸塚区名瀬町から消えたニシキヘビ|捜索費用は誰が払うの?
について、お伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

税金もそうですが、何より近隣住民が危険にさらされています。
いち早く捕獲されることを祈っています。