就職の仕方

ITエンジニアの仕事内容は?職種や年収を現役SEの私が解説!

どーも、p`o`chittoです。

『IT企業へ転職したいけど、仕事内容ってどんなことやるの?』
『エンジニアの年収ってぶっちゃけいくら?』
と気になっている方、いますよね。

そもそもですが、ITエンジニアと一口に言っても、
実は細かく分けるとITエンジニアにはたくさんの職種があります
なので、その職種が自分の思い描いている職種なのかを知って
就活をしないと、『思ったのと違う・・・』と転職を後悔して
しまうことになりかねません。

また、自分がなりたいと思っている職種があっても
その職種で必要な知識で使わない技術を身につけても
転職後にその技術を使わなくなるので、時間がもったいないです。

今回現役SEの私が、

  • システムエンジニアの職種と主な仕事内容
  • システムエンジニアの収入

について、説明しますね!

ITエンジニアの仕事内容は?大きく分けて5つの職種!!

ITエンジニアは、大きく分けて次の5つ種類があります

  • 工業系エンジニア
  • 管理系エンジニア
  • インフラ系エンジニア
  • デザイン系エンジニア
  • 営業・顧客対応系エンジニア

工業系エンジニア

私たちの生活に馴染み深いのが、工業系エンジニアです。
工業系エンジニアは、人が触れる機械などに直接システムを組み込みます。

ここ最近では、Iot(アイオーティー)家電として、
家のクーラーがつけられるようになったり、
AI機能がついたスマートスピーカーがメディアで取り上げられるため
みなさんもよくご存知だと思います。


主に
・組み込みエンジニア
・テストエンジニア
があります。

組み込みエンジニア

組み込みエンジニアとは、機械そのものに
プログラミングで機能を組み込んでいきます

身近なものだと生活家電から、飲食店などにある調理家電や
工場で導入されている製造機械や車など、その範囲は多岐に渡ります。

テストエンジニア

テストエンジニアは、実装したシステムがきちんと
設計した通りに動作するか検証を行う
エンジニアです。

例えば、家電でのテストだと
「電源ボタンを押すと、電源が入ること」
「電源が入った状態で電源ボタンを長押しすると、電源が切れること」
など、私たちが当たり前だと思っているようなことも
テスト項目として一つずつ地道な検証作業を行ないます。

テストエンジニアは別称テスターと呼ばれ、
機能として実装されるものには、機械のみならず
システム全般でテストを行ないます。


未経験者で転職してきた人たちの多くは、企業に慣れてもらうため、
または機能実装するときの設計書に基づくテストを行なうなど
様々な工程にふれる機会の多いテストエンジニアからスタートします。

管理系エンジニア

管理系エンジニアの主な仕事は、
作ろうとするシステムの機能(これを要件と言います)を決めたり、
プロジェクトの進捗管理やスケジュールの調整を行います

職種として
・システムエンジニア
・プロジェクトリーダー / プロジェクトマネージャー
・ブリッジエンジニア
などが挙げられます。

システムエンジニア

システムエンジニアは、開発依頼者が求めている機能を聞き取りし、
それを設計書に起こし、開発系エンジニアへ開発を依頼します。

依頼者の要望を聞き取り、パッケージ商品であれば元々備わっている機能と
その要望の差分を明確化(Fit&Gap)したり、その調整を得て
要件定義として確定し、設計書を作成します。

このため、要件定義の時点までに依頼者の要望を
きっちり押さえておかないと、開発のやり直しなどが発生し
工数が無駄にかかってしまいます。

そのため、開発依頼者がうまく要望を開発者へ伝えることができなくても、
対話の中で依頼者の考えをうまく引き出せるように
システムエンジニアには高いコミュニケーション能力が求められます。

プロジェクトリーダー・プロジェクトマネージャー

システムエンジニアの上位職が、
プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーです。

企業にもよりますが、通常はプロジェクトマネージャーが
そのプロジェクトの総括責任者の位置づけとなります。

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違いは
プロジェクトリーダーは実作業者とマネージャーの中間の立ち位置で
実作業者がスムーズに作業を行えるように細かい調整を行ないます。

ブリッジエンジニア

ブリッジエンジニアとは、国外に依頼する開発委託先(オフショア)と
やりとりを行うエンジニアのことを言います。

日本国内ではエンジニアの不足もあり、海外に委託する方が
開発費が押さえられるため、オフショア開発を採用することも
少なくありません。

他言語が堪能なシステムエンジニアを採用することにより
オフショア開発を行うことで、海外の優秀な人材に作業を任せられがら
開発費を抑えることができます。

インフラ系エンジニア

インフラ系エンジニアは、ネットワークやデータベースなど、システムの根幹に関わる環境の整備を担うエンジニアです。

主に
・ネットワークエンジニア
・サーバエンジニア
・データベースエンジニア
・セキュリティエンジニア
・バックエンドエンジニア
が挙げられます。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、Web上での通信環境の管理全般専門とし、
その知識は高レベルなものが求められます。

通常の通信設定だけでなく、災害や障害が起きたときの予備設定も行ない
どのような時も常に通信ができるように管理していきます。

また、他のエンジニアとは少し異なり、実際にルーターなどの機材を
扱うことが多いです。

サーバエンジニア

サーバエンジニアとは、文字通りサーバを管理するエンジニアです。

ネットワークエンジニアとの違いですが、
ネットワークエンジニアは、サーバが通信ができるように
整えることをメインとします。


サーバエンジニアは、通信ができるようになった空のサーバへ
アプリケーションやOSなどをインストールし、
提供するシステム(サービス)をサーバ上に設置します

このサーバエンジニアの働きによって初めて私たちは
Webでサービスが利用できるようになります。

データベースエンジニア

データベースの管理に特化した、データベースエンジニアは
情報化社会となった近年では、非常に重要な役を担っています。

今やデータは貴重な商材であり、ビッグデータとして
マーケティングにも活用されています。

一口にデータベースの管理と言っても、
データベースにインプットするだけでなく、インプットしたデータを
いち早く参照またはアウトプットできるようにするのも
データベースエンジニアの腕次第です。


どれだけいいシステムができても、データベースの取り出しが遅ければ
画面表示は遅くなり、ユーザーの不満が高まってしまいます。
データベースエンジニアの質は、そのシステムの質を左右するといっても
過言ではありません。

SQLというデータベース言語を用いて、データベースの管理を行います。

セキュリティエンジニア

情報セキュリティでサイバー攻撃から私たちを守っているのが、
セキュリティエンジニアです。

サイバー攻撃は常に進化しているため、新しい情報を日々チェックし、
サーバにあまり負担をかけることなく、最も効果的なセキュリティ対策を
行なっていくことが求められます。

バックエンドエンジニア


バックエンドエンジニアはサーバ側でのデータの処理を構築する
エンジニアです。

例えば、phpを例で言うと
ユーザー登録型のあるサービスにログインした時に、
画面のレイアウトはフロントエンドエンジニア担当(後述参照)、
その画面で、ログインユーザーごとにユーザー名の表示が変わるのは
バックエンドエンジニア担当となります。

デザイン系エンジニア

システムのインターフェイスは、ユーザーのシステムへどれだけ
馴染めるかを決定づける
、非常に重要な役割です。

主に
・フロントエンドエンジニア / マークアップエンジニア
・Webデザイナー
が挙げられます。

フロントエンドエンジニア / マークアップエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、
主にHTML、CSS、Javascriptなどの言語を用いて
ユーザーにとって使いやすいようにWebシステムのレイアウトを整えていく
エンジニアです。

ユーザー側のインターフェースが主な管理場所となるため
フロントエンドという呼ばれ方をします。
※後述しますが、サーバ側での処理はバックエンドと言われます。

HTMLなどを用いて作った、動きのない画面に
例えば、Javascriptなどで画像のスライドができるようになったり
マウスポインターを当てるだけで、ポインタの表示が変えることが
できるようになります。

また、検索エンジンへの最適化ができるようSEO対策を
行う事もあります。

Webデザイナー

Webデザイナーは、プログラミングはあまり行いませんが、
IllustratorやPhotoshopを用いて、ロゴデザインを作ったりするのが
主な仕事です。

ロゴデザインであれば、象徴的なデザインに、
バナー作成であれば目が引き付けられるようなデザインになるよう
配色の知識が求められ、トレンドをいつもチェックしておくことが
必要です。

営業・顧客対応系エンジニア

エンジニアの中には、営業経験や接客経験がある方に
有利な職種もあります。

主に、
・セールスエンジニア / ITコンサルタント
・サービスエンジニア
が挙げられます。

セールスエンジニア / ITコンサルタント

セールスエンジニアとは、エンジニアの技術をもつ営業担当者です。
主にプレゼンテーションなどを顧客へ行ない

システムを売り込みします。

システムの機能だけでなく、例えばそのシステムをお客様が導入するために
どのようなネットワーク環境の設定が必要か、
そのシステムを用いてどのような運用を行えばお困りごとを解決できるかを
お客様へわかりやすく説明するのが主な仕事です。

また、ITコンサルタントは、経営面での問題も含めて
ITと経営に関する知識で解決するお手伝いを行います。

サービスエンジニア

サービスエンジニアとは、いわゆる保守業務を担当するエンジニアです
システム(サービス)を導入していただいたお客様の
ヘルプデスクの役割を担います。

システム稼働後に末長くお客様と関わる職種のため
エンジニアとしての技術力と共に、接客能力が求められます。

エンジニアは兼務が当たり前!

主なエンジニアの職種をこれまで色々挙げてきましたが、
エンジニアとして働く場合、1つの職種だけを担当することは
ほとんどありません。

IT業界全体が人材不足であるため、必ずと言っていいほど、
エンジニアは複数の職種を兼務しています。

例えば、サービスエンジニアとして保守業務をしながら、
セールスエンジニアとしてお客様へデモンストレーションを行なったり、
例えば、フロントエンドエンジニアとして画面レイアウトを
作りながら、バックエンドエンジニアとしてサーバ側処理も同時に
作り込みを行う、など・・・。
小規模の会社であればあるほど、兼務職種は増えていく傾向にあります。

そのため、実際面接にいかれるときには、
具体的な仕事内容を聞いておくことをおすすめします

例えば、「プロジェクトリーダー」で求人していても
入社するとセールスエンジニアの仕事も行うことになった、
なんてことはザラな話です。

エンジニアの年収ってぶっちゃけいくら?

ここまで、いろいろなエンジニアの職種について紹介してきましたが、
では職種別エンジニアの収入に違いはあるのでしょうか?

職種平均年収
ITコンサルタント約900万円
プロジェクトマネージャー約800万円
セールスエンジニア約790万円
ネットワークエンジニア約760万円
組み込みエンジニア約600万円
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
約590万円
システムエンジニア約570万円
Webデザイナー約410万円

企業規模や地域によりますが、
専門性の高い職種または管理する職種ほど年収が高い傾向にあります。

そして、先ほども述べたように国内では慢性的なエンジニア不足ですが、特に企業で需要が高いのは、エンジニアの管理者となる立場の職種です

現場での作業は、海外へオフショア開発を依頼するなど、人手を補える手段はいくらでもありますが、管理者はそうはいきません。

このため、40代以降でも管理者として経験を積んできた実績があるなら、
開発実績が未経験でも中年の転職者を採用するIT企業が
増加傾向にあるのです

社会人経験者であれば、ある程度の技術習得術は心得ていると
企業側は判断し、約半年〜1年かけてIT全般に関する知識を身につけさせ、
2年目にはすぐ管理者として現場管理を任せられるように
教育してくれます。

40代以降のIT未経験者は一見デメリットが多いと思われがちですが、
若い世代よりも思いの外、早い期間でキャリアアップを進められ、
頑張り次第では昇給のチャンスを多くいただける事もありますよ

まとめ

いかがでしたか?
今回は、ITエンジニアの職種と、その収入についてご紹介しました。
あなたのやりたいエンジニア職種はありましたか?

エンジニアは、これからのITの進化と共に長く働ける職種なので、
キャリアプランニングを考慮した転職ができると
転職後の仕事も有意義なものになります

また、プログラミングだけでなくサーバやネットワーク、データベースなど
IT全般の知識を身に着けることができれば、
フリーランスとしてやっていく事も夢ではありません。

転職後のビジョンもしっかり見据えた上で、エンジニアとしての一歩を
踏み出していきましょうね☆